スポンサーリンク

ヘーベルハウスの見切り材。もっとよく考えればよかったと後悔。

住宅

家の中でもフローリングってかなりの面積を占めるものですし、印象を大きく左右するものなのでかなり悩みますし、真剣に考えることと思います。

フローリングを決めたら決定というわけではなく、付随するものとして見切り材というものがあります。

その見切り材なのですが、新居を見ていて驚いた箇所がありました。

見た瞬間の感想は

「え?他になかったの?」

でした。

ということで、ゆちゃんに強いインパクトを残した見切り材についてお話しします。

見切り材とは

まず、見切り材ってなんぞやって思う方もいますよね。

仕上材の変わる取合の部分に入れる化粧部材。

壁に設ける場合を「壁見切り材」、あるいは「見切り縁」、床に設ける場合を「床見切り材」と言います。

引用:住宅建築専門用語辞典HP

ゆちゃんは、見切り材という言葉を探し当てるまでかなり時間を要しました。

今回の記事での見切り材は「床見切り材」のことです。

どうやって決めたの?

正直、どうやって決めたかはっきりとは覚えてないんです。

新居の中を見ていて、あれ?これ私が決めたんだっけ?てか、なんて言うんだこれ?

で、調べたら見切り材っていうものだった程度のものですから。

夫の記憶では、たしか、営業さんから見切り材については選択肢もほぼないし、床に合わせてこちらで決めていいですか?的な感じだったとらしいです。

床に合わせるしかないだろうからそれでいっかーくらいに思ったんでしょうね。

てか、見切り材のことも調査不足だったし、あまり理解してなかったのでしょう。

それに、大手HMのヘーベルハウス さんが決めるのだからくらいに思ってたのでしょう。

当時の自分もしくは夫を殴ってやりたいです。

我が家の見切り材公開

さっそく、我が家の見切り材を見ていただきます。

床の色や素材が異なる部分の結合部分に使用されています。

該当場所は以下の5箇所です。

•玄関ホールとトイレ

•玄関ホールと脱衣所

•2F廊下とランドリースペース

•2F廊下と子ども部屋

•ランドリースペースと寝室

【扉が開いた状態】と【扉が閉まった状態】を見ていただきます。

【扉が閉まった状態】はお客様から見た目線ということで廊下側から撮影してます。

玄関ホールとトイレ

【扉が開いた状態】

【扉が閉まった状態】

まあこんなもんでしょう。

玄関ホールと脱衣所

【扉が開いた状態】

【扉が閉まった状態】

まあまあこんなもんでしょう。

正直、これらの見切り材を見てダサいなぁと思ってました。

でも、色が馴染んでるし、まあいいかと納得させてました。

2F廊下とランドリースペース

こちらの見切り材の方が好きです。

なぜ1Fはこれではないのでしょうか。

扉の有無などで何かルールがあるのでしょうかね。

2F廊下と子ども部屋

【扉が開いた状態】

この色の見切り材は茶色のものよりもさらにダサく見えてしまうのは私だけでしょうか。

すごく浮いている気がしてならないです。

【扉が閉まった状態】

ちょ、これにした奴ちょっとこい!

見切り材単体で見ても、床の色に合わせるって言ってたけど、これしかなかったのか!?と思っていたのに、扉閉めたらすごい違和感です。

なんか変。

ランドリースペースと寝室

【扉が開いた状態】

白色に近い見切り材ってこれしかないんだろうなぁ、って思ってしまいました。

【扉が閉まった状態】

これならまだいいです。

けど、これなら茶色でもよかったと思うんですけどね。

どうすればよかった?

人任せにしない

選択肢が少なく、定番の決め方があるということで、人任せにしてしまったのがよくなかったです。

具体案を確認する

人任せにしたとしても、具体的にどう決まったかを確認するべきでした。

と、ここまでは自分たちでできることを怠っていたことに対する反省です。

ドアとの調和を考える

扉を開けた時と閉めた時の印象のことなど想像してませんでした。

床を見た時に違和感さえなければそれでいいと思っていました。

だって床に合わせてくれるって言ってましたし•••また人のせいにしようとしている。

こだわるのならばそこまで考えるべきだったのでしょう。

素人では頭が回りませんでした。

ヘーベルハウス標準以外を検討する

ゆちゃんの家の見切り材は標準のもののはずなので、これが気に入らない場合は、他にないか確認しましょう。

うまく画像を持ってこられないんですけど、真鍮とかステンレスの目立たないタイプのものもあるみたいです。ヘーベルハウス標準の見切り材に好感が持てない場合は探してみてください。

まとめ

見切り材というものをあまりよく理解せず、決定の仕方もハウスメーカー任せにしてしまい、その後もあまり自分たちで関心を示すことなく、出来上がったものに対して、不満を示しているダメな施主の見切り材についての話でした。

フローリングや壁紙に比べ、面積も少なく存在感も少ない見切り材ですが、気になる人は気になる箇所だと思います。

うちの場合は、出来上がった後にですが、ゆちゃんのみ気になっており、夫は気になっていないようです。

ぬかりなく家づくりをしたい方は強い関心を持って見切り材に取り組んでみてはいかがでしょうか。

以上、決まった後に急に気になり出して不満が止まらないゆちゃんより見切り材についてお送りしました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

住宅
スポンサーリンク
ゆちゃんブログ~ヘーベルハウスとその他諸々~

コメント

タイトルとURLをコピーしました