次世代エコポイントで入手したシャープの穴なし洗濯機!ヒルナンデスでも紹介!

暮らし

お昼の番組はいつもヒルナンデスを見てます。

2020年9月7日のこと、いつものようにボーッと見ていました。

すると、なんと我が家と同じ洗濯機が家事えもんこと松橋周太呂さんにより紹介されているではありませんか!

自分が使ってるものがいいものとして紹介されるとこんなに嬉しいものなんですね!

我が家の洗濯機は次世代エコポイントでもらったものです。

私は型落ちするのを待ち、次の新商品が出るから叩き売りされているものを買うタイプです。

こんな最新家電、自分では買えません。

次世代エコポイント、何に使うか迷った方多いと思います。

我が家もかなり悩みました。

そんな中、洗濯機が耐用年数を迎えているのと、家族が増えて4.5キロでは不便を感じるようになってきたので洗濯機を選ぶことに決めました!

紹介されていた商品の特徴

紹介されていた商品の特徴を改めてご紹介

メーカー:SHARP(ES-PW11E-S)

タイプ:縦型洗濯機

主な機能:洗濯、脱水、乾燥

特徴:穴なし洗濯槽、超音波ウォッシャー搭載、ハンガー乾燥、乾燥機付きなのに蓋なし

※縦型で乾燥機付きは通常蓋が二重になっています。

SHARPの洗濯機にした理由

我が家の洗濯機はヒルナンデスで紹介されていた商品の洗濯容量が8Kgのものです。

もしかしたらバージョンも一つ前のものかもしれません。

性能はほぼ同じはずです。

少なくとも大きな特徴は同じで、ヒルナンデスで紹介されていた機能は付いています。

洗濯機を選ぶのにSHARPの他にも日立やパナソニック、東芝なども見比べました。

正直、一人暮らし用の簡易的な機能のものはさておき、ある程度の値段を出せば、欲しいと思っている機能は大体ついてきます。

洗濯、脱水はもちろん、乾燥機能付きも可能です。

さらには、温水洗濯だの、ダニ予防だの、しわとりだのなんやかんやと名前を変えては同じような機能はあるのです。

機能はね。

でも、SHARPは機能はもちろん、構造自体に特徴があります。

素人がパンフレットを読み比べても一目瞭然です。

そうすると、もうそれが、唯一無二のような気がしてならなくて、SHARPに決めました。

では、SHARPの洗濯機の構造の何が他の洗濯機とは異なるのか?

SHARPに決めた決定打

SHARP独自の構造に心を打ち砕かれました。

数ある中でも私が特に心を奪われたのは以下の2点です。

痒いところに手が届くとはこのことです。

穴なし洗濯槽

洗濯槽のお掃除は今や定番となら面倒だからやってない人はいたとしても知らない人はいないのではないでしょうか?

薬剤を入れて、スイッチ押すだけですから簡単といえば簡単です。

ですが、お湯を入れるのが大変な人、時間を取られるのが嫌な人、そもそも面倒な人などなどいるはずです。

私はやらないと気が済まなかったんですが、面倒に感じてなければいいのにと思ってるタイプでした。

でももう大丈夫!

洗濯槽の穴からあのピロピロが出てくるわけですが、穴がないからもうピロピロは出てきません!

お掃除不要です。

いつでも清潔でストレスフリーです。

また、穴がないのでその分節水になります。

乾燥機付きなのに蓋が1枚

洗濯機探してて、縦型は絶対だけどどうせなら乾燥機能欲しいなーなんて思いながら探していたのですが、乾燥機能付きはどれも蓋が二重なんです。

知らなかった。そういうものなんですね。

乾燥機能使わない時も二回蓋の開け閉めをしなければならないのか、と思うとなんだか嫌でした。

それくらいやれよって思うかもしれないのですが、今まで蓋1枚だったので抵抗がありました。

しかも!蓋が二重だと洗濯機に高さが出てゴツくなるし、取り出しにくいのではないかと勝手に予想しました。

乾燥を諦めるのか、蓋の開け閉めが増えるのを我慢するのか•••。

でも大丈夫!

SHARPの洗濯機は乾燥機能付きでも蓋が一枚ではありませんか!

使ってみてのお気に入りポイント

ハンガー乾燥

こちらの機能はヒルナンデスでも紹介されていました。

そして、こちらもSHARPだけなのです!

蓋に専用のハンガーをかけるところがあり、そこに衣類をかけて使います。

そのため、シワになりにくく、急いで乾かしたいものや、除菌機能で水洗いできないものや頻繁に洗えないものに活躍します。

正直、ゆちゃんちは乾燥の用途ではあまり使ってません。

何に使うかというと、夫の飲み会後のスーツです。

タバコと食べ物の匂いを取り去ってもらいます。

プラズマクラスターはシャープだけ♪

って聞いたことありますよね。

その除菌消臭機能を頻繁に利用しています。

超音波ウォッシャー

コードレスの超音波ウォッシャーが付いてます。

夫のワイシャツの襟や袖や、娘の食べこぼしも、超音波ウォッシャーをちょちょっとあててきれいさっぱりです。

面倒な時はやりませんけど、あるととっても便利です。

ガラストップ

これはSHARPだけではないですが、こちらの商品はガラストップです。

今まではボタンがついているタイプでしたが、こちらはガラストップ面の液晶にボタンが現れます。

選択可能なボタンが表示されるので、操作がより簡単です。

そして、ガラストップなので掃除が楽(な気がする)です!

以前はプラスチック製だったので細かい傷が付き気になってました。

が、ガラストップはそんなことないので清潔な気がします。

プチ潔癖なゆちゃんにとってはこういったことは気持ちの上でとても大切なのです。

重箱の隅をつつくなら

デザインを選べません。

容量ごとにガラストップのデザインが決まっています。

そのため、必要な容量で選択するとガラストップのデザインが好みではないケースが出てきます。

ゆちゃんちの8k gはベージュで突出した色ではないのですが、空間との調和で色味にもこだわりがある場合は悩むところかもしれません。

そして、機能がありすぎて使いこなせてません。

COCOROWASHなんていうスマホアプリと連動させたりして自分好みの選択仕上がりにしてくれるといったAI機能もついてますが、使ってません。

まあ、使わなくても不便することなく困ることなく洗濯ができているということです。

まとめ

ヒルナンデスで紹介されていたのはSHARPの洗濯機の中でも最大容量の最新型でしたが、ゆちゃんちの洗濯機も容量違いで少し前のものですが、搭載機能は同一なので紹介させてもらいました。

最近の家電でほんとすごいですね。

結婚してからも一人暮らし用のものを使っていたせいもあり、すごく驚いてます。

上記の機能に驚くのはもちろんとして、洗剤量も水量もグッと少なくて済みます。

正直、日本のメーカーの最新型かつ家族向け洗濯機の機能はどれも似たり寄ったりで、十分なくらい機能は付いてます。

そして、SHARPは若干ですが、他のメーカーの同容量のものよりも安い気がします。

自分の中でどの点で差別化を図るのかが難しいですが、SHARPの独自構造に魅力を感じ、SHARPを選択しました。

洗濯機には満足しており、以前の洗濯機を使っている時よりも洗濯する時の気持ちが楽です。

毎日発生する家事だからこそ自分に合った自分が気に入った家電を使いたいですよね。

みなさんの洗濯機選びの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました