まさかの悲報!あと一歩のところで予想外の出費

住宅

ざっくりと間取りと内装についてのお話しました。時系列がちぐはぐになりますが、内装に入る前あたりでまさかの悲報がありましたのでそれについて書いていきます。

地盤調査ってありますよね。

あれ、どんなタイミングで行うのが普通なのでしょうか?また、どんなタイミングで行うのがベストなのでしょうか?

今となってはどうでもいいんです。

内装の打ち合わせに入る直前に事は起こりました。

営業さん:

現在、地盤調査を行っています。この辺りの地域には10軒ほどのヘーベルハウスが建っていますが、地盤調査を行ったのは1軒なので、まあ、大丈夫だと思っています。

私たち:

地盤調査?あぁ、そうでしたね。それって地盤改良が必要な場合はいくらくらいかかりますか?

営業さん:

杭の長さにもよりますが。150万から200万くらいです。

私たち:

え、、、もしそうなったらお金用意できるかどうか、、、(どんだけ金ないんだよ)

営業さん:

大丈夫だと思いますよ。改良が必要な場合はすぐにご連絡します。

不安を抱えながら連絡を待ちました。改良が必要な場合はすぐに連絡との言葉を信じて待ちました。

結果が出たであろう日も連絡は来ませんでした。

主人と胸を撫で下ろしていました。

次の打ち合わせの際、開口一番

営業さん:

大事な話があります。杭の件なんですが、、、

私: 食い気味に

あの件なら連絡なかったので大丈夫なものと思ってましたが違うんですか?

営業さん:

連絡遅くなり申し訳ありません。実は杭の長さのことなどもあり連絡が遅くなりました。

うぉぉああ、そりゃないぜ。

なんか、連絡の遅延とか、地盤調査ってもっと早くできなかったのかとか、言いたいことたくさんあるけど、それよりお金が気になる。

あー、仮契約前に地盤調査してもらうってことできなかったんかな。

まあ、できないのかな。土地を買ってからじゃないと地盤調査できないだろうし、あの土地が良かったわけだし、、、ぐだぐだぐだぐだ

気を取り直して、説明は以下のとおりです。

まず、ヘーベルが用意した基準を満たさなかったので、杭を打たないとヘーベルハウス を建てることができない。

家を建てる上での国の基準は満たしているけどヘーベルハウスでは建てられない。

木造住宅の場合は何もせずに建ててるだろうから、周辺の木造建売は杭は打ってないでしょう。

隣の大手鉄骨ハウスメーカーは杭を打っているはず。

地盤が強いわけではないか弱いわけではない。

長い杭(値段高い)と短い杭(値段低い)があるが、短い杭でできないか確認中。

短ければ価格は150万くらいを覚悟しておいてください。

とのことでした。

覚悟はできても先立つものが用意できるかどうか、、、まあ、ギリギリできるとは思うんですが、退去代とか引越し代とか、新居に必要なものとか外構とか、ね。

本契約前とはいえ、もうお金戻ってこないし、土地は気に入ってるし、ここまできたら引き下がれませんので、どうにかしましょう。

節約しますよ。無駄遣いやめます。 

関係ないのですが、ここで腹立ったのが営業さんの一言。

「ご両親に援助などはお願いできませんか?」

もう!そんなに軽々しく言わないで欲しい。

頼めるんだったらとっくに頼んでるよ。

こっちにもプライドってものがあるわけです。

にしても、そんな世の中援助してもらえるご家庭の方ばかりなのかしら。

自分たちのやれる範囲でやりたいことをやりたいって思ってるんです。

それが私たちの信念、、、

まあ、援助してくれるなら両手をあげてウェルカムですがね。

話それてしまいましたが、お金に困っているという話です。

この後の展開なのですが、待てど暮らせど金額確定の連絡が来ません。

理由はまず、長い杭にするか、短い杭にするかで揉めてたから。

結局、それについては長い杭になりました。

その後、ヘーベルハウスと業務委託先との金額交渉が難航し、約1ヶ月半結果が出ませんでした。

金額交渉は170万くらいですが、なんとか120万くらいにして欲しいとお願いしてますってところで、話が終わってました。

最終結果は130万で決着しました。

めでたしめでたし。

ではないですが、伝えられている内容のどこまでが本当かわかりませんが、金額交渉をしてくれて、実際に安くなったので良しとします。

この辺のこと疎いですし、何か言っても土地改良が不要になるわけではないので、この結果を受け入れることにします。

そんなこんなで杭代がかかります、という悲報の話でした。

まとめ•教訓

土地を購入した方は地盤改良があることを念頭に置いておきましょう。

また、次のことを仮契約前(100万円払う前)に確認しておくといいでしょう。

•地盤調査の時期

•土地改良が必要な場合の費用

•それらの金額を含めた見積もりを出してもらい支払い可能か検討

これらを確認しておけば、私たちみたいに、あとは間取りと内装を決めるだけ、ぽわわわわわんと脳内お花畑状態の時に寝耳に水状態で思い出し、追加の出費に怯えることもないでしょう。

最初からかかるものと思って進めていれば、後になって焦ることもないでしょうから、金額に含めて考えていたほうがいいです。

その後に、やっぱりかからなかった、となればタイルだって、エコカラットだってポンポン支払いできるかもしれません。

寝耳に水って言いましたが、何処かでは伝えてくれてます。

どこかでね。それとなく、かかる場合もありますからね程度に伝えてくれてます。

もっとしつこく発生した場合の金額とか対応とかリスクとか説明して欲しかったです。

契約して欲しいのもわかるのだけれども、信頼とはそういった誠実さから生まれるものと考えます。

愚痴になってしまいましたが、みなさんはお気をつけ下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました