内装編:こだわりたかったけどこだわれなかったところ

住宅

前回はこだわったところについて書きました。今回はこだわりたかったけどこだわれなかったところです。か

理由はご承知の通り、お金です。お金さえあれば大抵のことはできるんです。

ではさっそく書いていきます!

①リビングのエコカラット

エコカラットつけたかったんです。SNSを見てるとネコも杓子もエコカラット使用してません?

まあ、それは言い過ぎですが、リビングにアクセントウォールが欲しかったんです。で、そこをエコカラットにするのが人気のスタイルですよね。

お金がたいそうかかるのも事実で、そこで悩んでいました。

が、それとはまた別にどこの壁につける問題がありました。ゆちゃんの家の場合、エコカラットを貼り付けられるであろう候補の壁が2箇所なのですがアクセントウォールといえばテレビの後ろというイメージの元、選択肢はほぼ一択でした。

その一択の壁ですが、リビングと小上がりがつながっている場所、また小窓がついているため、真四角ではなく”欠け”ができてしまいます。そういう壁には使わない方がいいと、営業さんから助言をいただきました。

また、木目天井に小上がりの畳といろんな要素が詰まってるからごちゃごちゃしてしまうためアクセントウォール自体いらないとのことでした。

え?でも、いろいろつけてる家とかあると思うんだけどな、、、

とは思いつつ、先立つものもないのと、言ってることは一理あるとも思いました。

お金という理由ではなく、うちはエコカラットに向いている壁がないから採用できないんだ、と脳内にて理由をすり替え、諦めました。

②水回りのタイル

タイル大好きなんです。フローリングに水滴がつくの嫌だなぁって考えてタイル素敵だなぁって憧れてました。寒いかもしれないけど憧れてました。

でも、まあ、お金かかるんですわ。

水回りは今はタイルに近しいものも選べるので仕方なしと思い諦めも早かったのですが、キッチンは最後まで粘りました。

かなり悩んでたところで営業さんより一言、

ゆちゃんさんの家はキッチンスペースの終わりから冷蔵庫がはみ出てるので、冷蔵庫がフローリングとタイルの境目になることになってしまいますけどいいですか?あまりお勧めしないですが、、、

私の気持ち:

え?どれどれ、そんなとこまで考えてなかったよ。うん、確かにそうなりそう。

うーん、タイル掃除しやすそうだし採用したいんだけど、そういうことなら仕方ないか!諦めよう。

と、お金がないのが本来の理由ですが、これまたうまく脳内で変換して諦めることにしました。

タイルにしたかったけど、さらに床暖房も入れないと不安だったので最初から難しい話ではありました。

キッチンマットやシートを敷きます。

③床タイル

ゆちゃんは海が大好きです(は?)。バリとかタヒチ大好きです。そんなもんで、ヘーベルハウスの仕様で言うとウッディモダンとハイスタイルが好みなんですが、ゆちゃんの家はそのいいとこ取りをするというのが目的としてありました。

で、ウッディモダンは床はフローリング、ハイスタイルはタイルの傾向が強いのです。

見た目はタイル憧れました。が、子どもが小さいので、危ない、目が離さないと考えたのと、やはり寒いことを懸念して床暖房も入れなくちゃと思うと、タイルに今一歩踏み出せなかったのです。

ハピアフロアというものも他のハウスメーカーで見て考えたのですが、細かい傷がつくのは避けられないと知り、フローリングにおさまりました。

フローリングも傷はつくんです。知ってます。でも、着いた後の見た目を気にしてしまいました。

まあ、これ床暖房代まで出せる余裕があれば、気にせずタイルにしていたかもしれません。

いいんです、ウッディモダンもゆちゃんの家の要素ですから。

と、大きなものは以上3点でした。

どれも憧れましたが、②、③はゆちゃんの家には仰々しく、不釣り合いとも思っていたので、しかたなかったのかなと思ってます。

ウォールナットの床大好きです。

これも嘘ではないのです。

採用していればガラッと雰囲気が変わったでしょうが、後悔先に立たず。

自分たちの選んだものを信じて出来上がるのを楽しみにしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました