ローンのお話

住宅

仮契約に向けて動いている私たち、というよりは契約に必死なヘーベルハウスさんですが、家の提案とともにローンの金額や審査を決めなくてはなりません。

ほとんどの方がそうだとは思いますが、我が家は現金一括では購入できないため、ローンを組みました。

わずかばかりの頭金とローンです。

頭金は約700万ほど用意していました。

が、車のローンが残っています。

車のローンも負債とみなされますので、あるのとないのとでは借りられる金額が異なります。

営業さんも、車のローンは返済しておいたほうがいいです、とのことでした。

なのでそちらを完済し、実質300万ほどが頭金となりました。

ローンの金額は伏せますが

夫の馴染みの金融機関でめいいっぱい借りてます。涙

ここに至るまでの話

まず、どれくらいローンを借りられるかはヘーベルハウスこと旭化成ホームズが提携している金融機関が審査、試算してくれます。

審査さえ通ればひとまず安心。特にヘーベルハウスさんが安心する。

それでその結果を元に、これだけ借りられます!立派な家建てられます!

ってグイグイ来られます。

うちの場合は、夫の馴染みの金融機関で借りるか、それ以外で借りるか迷ってました。

前者は金額上限が決まっており、後者は返せないくらいの金額を貸してくれるとのことでした。

返せないくらいの金額って言っても億とかじゃないですよ。

例えば1000万円くらいしか返済できなさそうなところを、1500万円くらい

貸してあげるよ!レベルの話です。

もちろん、ヘーベルハウスとしては後者を選べば金銭的な心配が無くなるのでうっすらと後者推しでした。

ですがね、ヘーベルハウスさんの名誉のために言っておきますと、後者押しではありますが、前者の金融機関の利率や返戻金などを試算してどっちが私たちにとって損しないからなどを確認してくれてました。

↑前者は金利が悪く、後者は金利が良いという特徴がありました。

まあ、夫はなかなか休みが取れないので他の金融機関に行ったりするのが一苦労ということもあり、馴染みの金融機関から借りることにしました。

借り入れの上限金額と頭金合わせてもヘーベルハウスを建てられるのか!?って程度の金額にも関わらず、なぜそこでローンを組んだのか?

ヘーベルハウス初訪問の時に試算してもらえた金額くらいにはなっているので、まあいいだろうと考えてました。

正直、ローンの返済金額はキッツキツです。ボーナスなんて少しも残りません。

が、上限ありの金額の金融機関を選んだことが、のちに功を奏します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました