引越し初日、壁に穴をあけられた話。

住宅

大切な大切な新居、傷つけたくないですよね。

生活でついてしまう傷は仕方のないものの、それでも傷つくのは嫌ですよね。

ましてや、壁に穴が開くなんて嫌ですよね。

タイトルの通り、今回は引越し初日に壁に穴を開けられた話です。

どこに?誰に?

冷蔵庫の頭上です。

ゆちゃんちの冷蔵庫位置はは階段の下になっています。

引越し業者さんが設置時ぶつけてに穴を開けました。

穴が空いた経緯と原因

穴があくまで

そもそも、かなり冷蔵庫のサイズはギリギリでした。

業者の方もそれに関しては把握しており、かなり気を付けていて、養生を張り設置しました。

業者の中にリーダーがいるのですが、その人が設置した後、位置の微調整をしてくれようとしました。

その時、アルバイトの方に手伝うよう指示しました。

アルバイトの方は天井を気にする様子もありません。

そして、メリっと穴を開けたそうな。

しかも何故か養生を剥がした後に微調整してくれました。

ゆちゃんは現場確認してませんので、上記は夫の証言によるものです。

響き渡る怒号

そのアルバイトさん、めちゃくちゃ怒られたらしいです。

まあ、当たり前ですね。

養生を剥がしたのも、アルバイトさんに危険なところを手伝わせたのも間違いの元だとは思うのですが、一番悪いのはアルバイトさんですからね。

アルバイトさんへの不安

実は、旧居で荷物を運んでもらう時からアルバイトさんはかなり不安定な印象の人でした。

とにかく、しっかりしてなくて不安が募るタイプとでも言いましょうか。

他2人の社員さんはテキパキと目を見張るような動きだったので余計に目立ってました。

そして、その予感がなんと新居で的中してしまうという悲劇が起きてしまいました。

保証と修繕

もちろん引越し業者と契約した時点で保証に入っているのでお金を払う必要はありません。

修繕も引越し業者の提携先が行ってくれるとのこと。

しかし、夫が待ったをかけます。

もう、全てが疑心暗鬼なんでしょうね。

引越し業者の提携先じゃなくて、ヘーベルハウスの用意した業者で直して欲しい

との引越し業者とヘーベルハウスの工事課に申し出をしました。

結果、快諾してもらえました。

修繕当日

当日はヘーベルハウスが手配した業者さんと、引越し業者のリーダーさんともう1人お手伝いの方がいらっしゃいました。

壁紙の業者さんは泉谷しげるのような風貌のその道のプロ感が凄い方でした。

手捌きも鮮やかで安心してお任せできました。

さて、肝心の引っ越し業者なのですが、こちらが恐縮するくらい働いてくれました。

•近隣への挨拶(おそらく車の駐車のこと)

•冷蔵庫を移動、そのための養生等

•壁の修繕が終わるまでの間、掃除や草むしり等

•開封済み段ボールの持ち帰り

冷蔵庫の移動のためだけに来たのだと思っていたので、それ以外のことには驚きました。

そして、冷蔵庫の移動等も含め約1時間半で張り替えは終了しました。

めでたしめでたし。

この出来事で思ったこと

お金の問題じゃないんですよね。

元どおりになればいいって話でもないんですよ。

これはもう気持ちの問題です。

「あーあ、新居に穴をあけられちゃった。」

って言う気持ちがもう嫌です。

穴があいたり、傷がつくのは遅かれ早かれなのは分かっていますが、

初日に自分たち以外の手によって

って言うのが悲しかったです。

しかもですね、こういうことを避けたいがために大手引越し業者に依頼したのもありました。

依頼理由を聞かれた際も大手への安心感をお伝えしましたよ。

今まで4回引越ししてますが、いつも荷物が少なかったので安い業者にお願いしてました。

あったんです。

嫌なことが何度か。

だから大手を選びました。

もちろん、一個人の問題でもありますからね、引越し業者の規模は関係ないとも言えます。

では、もし次引っ越す機会があったらこの引越し業者を選ぶのか?と聞かれれば

使ってもいい(金額次第のため上から目線みたいになってます)

と答えます。

社員さんたちのプロ意識はすごかったです。

正直、最初は雰囲気もちょっと厳しめで怖い印象でしたが、仕事はしっかりしてもらってました。

手際がいい!

無駄がない!

スピーディー!

礼儀正しい。

長袖長ズボンで服装が合格!(ゆちゃんは引越し業者が半袖はまだしも短パンはよろしくないと思っています。)

安心して見ていられる!

と思って眺めてましたから。

個々が持ち合わせている責任感というものは間違いなく行動に反映されていると痛感した出来事でした。

そんな感想を抱いていてました。

そのため、結局のところはその行動は背負ってるものの違いなのか、個々人のみの問題なのかは謎のままです。

アルバイトさんが今回の経験を今後に活かしてくれれば救われます。

今後もパンダのトラックを見かけるたびにこの出来事を思い出すのでしょう。

真心ってなんだろう。

新居に穴は空いたけど、引越し作業自体からはそれらを感じ取ることができました。

ご自身に合った引越し業者に出会えるといいですね。

皆さんには同じ悲劇が起きないよう願ってます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

クリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました